​夜になりすます。

​2021.5.29~6.20

夜は光を遮断することで物質の輪郭をあいまいにする。夜の静けさは、目の前の景色をおだやかに隠し、昼間とは違う風景を我々に提示する。

人によっては夜の存在を混沌と表現するかもしれない。しかし二人の作家が捉える夜は静かで整然としており、大きな闇に包み込まれている。夜の暗闇は視覚を奪い、何処か深いところへ落ちていく。その落ち切った底に光る「何か」を夜の先に期待しているのではないだろうか。

桑迫伽奈は、写真に写った光を辿るように刺繡をし、イイダユキは人物を花に見立てて写真を撮る。それぞれに写真というメディアを元にしながら夜に擬態させる。

その闇の中から見えて来る新たな光の輪郭をトレースして提示する。くりかえす夜に置き忘れた整理と混沌をすくい上げ、暗闇の先に見出した物質は、何かを語りかけてくるように穏やかに佇んでいる。

二人の作家が見出した夜の姿をぜひご覧ください。

当サイトSHOP内にて継続販売中

写真評論家であるタカザワケンジ氏と写真家2人を交えてトークを行いました。是非ご視聴ください。

https://youtu.be/W6xd7r4nKY4

中日新聞社様に取材をしていただきました。

https://www.chunichi.co.jp/article/268150

001
001

press to zoom
002
002

press to zoom
004
004

press to zoom
001
001

press to zoom
1/4